ドイツのCANYONに来ています


ドイツの直販ブランド、CANYONの本社に来ています。日本から結構来やすいですね。羽田→フランクフルト。フランクフルトで空港降りたらそのまま空港駅でICE(ドイツの”のぞみ”みたいなもの)に飛び乗って1時間ちょっとでコブレンツ。途中にマインツに止まるだけなので2駅。28ユーロ。駅降りたらタクシーの運ちゃんにCANYONって言うだけ。7ユーロ。

気分的には草津温泉に行くぐらいの感覚で来れるCANYON。なんで来たのかと言うと、興味があったので。以上。人生は勉強です。

TBJのインプレ車にCANYONを3台程採用しており、最初の1台はプロパーで完成車。残りの2台はCANYONに直接メールしてインプレ用という事でプレス向けの値段で出して貰った車両でして、そのやり取りをやったりしているうちに、一回来てみる?ウチのアッセンブルラインとCTスキャナ観てみる?航空券は出さないけど。という話になって、ドイツでCANYONがもの凄い事になっているとはコッチの友人から話には聞いていたので、一体どんなもんなのかともの凄く気になっていたので、ここはTBJたるや自腹で突撃せずに何がジャーナリズムか!と1人で叫びながら来てみましたドイツのCANYON。航空券の請求書がなんぼのもんじゃい。

着いたのは日曜日。ドイツには祝日法というのがあって店は殆ど閉まっている訳なので、東京からCANYONのあるコブレンツまで簡単に来れますよ。とは言うものの、来てもすることがありません。人口10万人ぐらいの街なので、もの凄い観光資源がある訳でもなく、そもそもその観光地ですら日曜日はクローズなので致命的にする事がない。

じゃあ原稿書けよとか言われそうですが、トレーニングがてらホテルからCANYONまで自転車ないので走って来てみました。走って来たところで当然会社は閉まっている訳で、仕方ないので門の上にカメラを置いてセルフタイマーで撮ってみましたが上の図。

日本人として始めて突撃(注:TBJ調べ)してみたCANYON本社の中は、んー、衝撃。土下座。参りました。危機感。そういうレベル。詳しくは後日記事としてまとめます。