2020東京オリンピック・パラリンピック招致活動で活動してみた。

2020東京オリンピック・パラリンピック招致活動

ニュースで見ている人も多いと思いますが、IOC評価委員会が東京の都市力を評価しに来てます。自転車競技はやる気だ。というのを見せるために皇居二重橋にて旗を振ってきました。以上。活動してみたって、それだけですか。。。と言われそうですが、なにはともあれ目に見える形で活動する事が大事かと思い。。。
ちなみに皇居二重橋前は今回の招致ファイルでロードレースのスタート地点となっている。ロードレースは皇居スタートで多摩方面に行って武蔵野の森公園がゴール。トライアスロンはお台場海浜公園。MTB XCはお台場とゲートブリッジの間に埋め立て中の海の森公園にコースが建造中。トラックは有明に特設ベロドローム。コンパクトなオリンピックというだけあって、確かに自転車競技に絞って考えても、都心からすぐにアクセス出来る所で開催される。東京オリンピックというか旧江戸オリンピックぐらいのコンパクトさは確かに選手の事を考えると競技に集中しやすいかと。



人によってはオリンピックなんか興味ないよ。という人もいるかと思いますが、やっぱり一度自宅のある街でオリンピックやってほしいと思うのです。スポーツ全体を考えると2020東京が決まると相当盛り上がるでしょうし、若手選手の育成体制という意味でも革命的に変わるでしょう。海の森公園MTBコースでオリンピックまでの間にレースが開催されるようになると週末が楽しみであるし、トライアスロンもこのままあと8年はお台場で全日本を開催出来るかと。自転車に絞って考えただけでも相当面白そうな感じ。
財政面とか色々問題はない事はないですが、やっぱ人生は面白い方がいいですよね?